保育士試験の内容について

近年日本は深刻な保育士不足に悩まされており、どの保育園も人員の確保が喫緊の課題となっています。

保育士は子どもを相手にする仕事なので、人並み以上の体力が必要とされます。


就職するには資格を取得する必要があるので、アルバイトのように気軽な気持ちで働ける職業ではありません。

国家試験を受けて資格を取得するつもりなら、勉強だけでなく肉体作りも並行して行いましょう。


保育士試験は筆記と実技の2種類があり、筆記で合格できないと実技を受けることができません。筆記試験の問題は全てマーク方式で出題されますが、分野は発達心理学や小児栄養、保育実習理論など多岐にわたるので、長期的な学習が必要になるでしょう。合格のボーダーラインは問題の難易度によって若干変化がありますが、大体6割~7割程度正解できていれば通過できます。

実技試験は音楽・絵画・言語・一般保育の4科目からランダムに3つ出題されます。



受験者は提示された3科目から2つ選んで実技を行います。

保育士の就職ならお任せください。

このうち音楽ではピアノの演奏が要求されます。

どの分野が出題されてもいいように、対策はしっかり行いましょう。

絵画やピアノは独学で習得するのは難しいので、教室に通うなどして腕を磨きましょう。実技試験の方も合格ラインは6割~7割程度といわれており、実技も合格できればようやく保育士の資格を取得することができます。
保育士は就職してからが大変で、同僚や先輩だけでなく、保護者との付き合いも必要になってきます。



基本体力勝負ですが、強いメンタルも重要な仕事です。