増額支給されることが決まった、保育園の給料

保育士という職業に憧れを持ち、保育園での勤務を始めたものの、他の職種との給料の格差に悩み、他の仕事に転職をしてしまう人も少なくありません。

保育士に限らず、介護士もニーズが多く、常に人で不足が続いている状態ですが、ともに給与水準が低いために、国の施策により、今後はこれまでの保育園の給料に上乗せして支払われることが決まりました。

こうした措置により、他の職種との給与格差が小さくなり、資格を持った人が保育士の仕事にもう一度復帰することにより、保育士不足の状態が改善されることが期待されています。

保育士の就職の情報収集ができます。

一般的な事務などと比較してみても、勤務時間が長く、また休みが取りにくいと言われている保育士の仕事ですが、そうした条件面でのマイナス要素に加えて、これまでは賃金に関する問題も加わっていました。



もちろん勤務する保育園を選ぶ際には給料だけにこだわることなく、実際に勤務する職場環境などについても、事前に十分確認しておくことが大切なのは言うまでもありません。

実際に勤務が始まってみると、シフトの決め方や業務の分担など、それぞれの保育園により独特のやり方があることがほとんどです。


そうした情報についてもあらかじめ収集しておくことで、後になって転職のきっかけともなりかねない、仕事に関する違和感を最小限に抑えることが可能になります。



保育士の仕事は子供たちやその保護者からも感謝されることの多いやりがいのある仕事ですが、他の職種と保育園の給料との格差が縮まることで、今後は応募者の増加が見込まれるでしょう。